オールインワンゲルを活用しましょう

笑顔の女性
デパートのカウンターで販売しているような高級化粧品にはラインというものが存在しています。これは同じシリーズの化粧品であるという印であり、Aラインの化粧品を利用している人は、Aラインの保湿液、Aラインの美容液を利用することで、それら化粧品本来の効果を発揮してくれるようになるということです。メーカー側は当然ライン使いをしてくれることを想定して商品を作っています。
同じラインの化粧品を利用するのが理想的なのはわかるのですが、それだけの商品を揃えれば総額で3万円前後になってしまうことも珍しくありません。それに化粧品は消耗品ですから、当然これからも毎月毎月それだけの値段がかかってくるということです。
しかし、ライン使いをしなければせっかく購入した化粧品は活用できず、本来の効果を発揮できないままに終わってしまいます。
そのような面倒さもオールインワンゲルならばありません。オールインワンゲルはラインではなくこの商品1つで全てが完結しているからです。

なにより、あれこれ混ぜて使う必要がありませんから、肌にも低刺激で優しい化粧品です。オールインワンゲルは全て保湿性に優れていますから、乾燥やインナードライ肌を持っている人、もしくは冬用の化粧品に悩んでいる人にとっては便利な商品です。
値段も安価なものから、やや高価な商品まで様々なラインナップとなっていますから、自分の経済状況や口コミ、価格帯に合わせて商品を選択していけるようになっています。

バリア機能を回復

目を閉じる女性
普段は特に肌トラブルを起こさない肌質であっても、季節の変わり目やスキンケアに時間をかけられなくなったことがきっかけで敏感肌になってしまうことがあります。
敏感肌になってしまった場合には、今まで使用していたファンデーションを使用すると肌荒れを起こしてしまいます。
ただ、敏感肌になってしまった場合でも、肌のバリア機能を高めることで、強い肌になることが出来ます。

敏感肌になってしまった場合、肌のバリア機能が低下してしまいます。バリア機能が低下しているということは、免疫力が低下しています。
ただ、食事内容に気をつけることで、免疫力をアップさせることが出来ます。

免疫力を高めることが出来る食品として、「発酵食品」や「乳製品」が挙げられます。
発酵食品には納豆、チーズ、味噌などがあり、乳製品には牛乳、ヨーグルト、バターなどがあります。
こうした食品を積極的に摂取することで、免疫力が高まります。

洗顔後、スキンケアをしていた肌がヒリヒリするといった場合、バリア機能が低下している証拠です。
そうした場合、刺激の強いスキンケア用品やコスメを使用していると、肌荒れが悪化してしまいます。
このような場合には、敏感肌用のスキンケアやファンデーションなどを使用して、肌へかかる負担を軽減させましょう。

睡眠時間が減ってしまうと、バリア機能が低下します。
わたしたちは、寝ている間に肌の修復や回復を行なっています。睡眠時間が短ければ、肌の修復や回復を行うことが出来なくなってしまうのです。
シンデレラタイムと言われている22~2時には寝ることが出来るように心がけましょう。
そうするだけでもバリア機能はグンと高まります。

おすすめの記事