肌のトラブルを防ぐ敏感肌専用のファンデーションを利用しましょう

肌が弱くても

女性
一般的に、肌が弱い人のことを敏感肌と呼びますが、敏感肌というのは病気ではありません。
ただ、このような肌質の人は、通常の肌質に比べて丁寧なケアが必要となります。敏感肌の場合、刺激に敏感で非常に弱いので、刺激が強い成分の化粧品や洗剤を使用すると肌が荒れてしまいます。
また、着用している服の繊維が肌に合わないだけでも痒くなってしまうことがあります。

こうした敏感肌の人が多いことから、専用のスキンケアやコスメ用品が販売されています。
このような商品は、通常の商品に比べて刺激が少ない成分で作られています。そのため、安心して使用することが出来ます。

敏感肌であっても、女性であることには変わりありません。
女性は常に美しくいたいと思うことから、メイクをして自分の魅力を引き出しているのです。メイクをするだけで自分に自信を持つことができ、モチベーションも高くなります。
しかし、敏感肌の場合は刺激に弱いので、メイクをしないほうが良いのではないか?と思うことでしょう。しかし、メイクをしないことは、逆に紫外線や有害ガスの影響を直接受けることとなってしまいます。
刺激が強いメイク用品を使用しても、ノーメイクでも肌に負担がかかるということです。
ただ、肌への刺激を抑えたメイク用品を使用することで肌に負担がかかりません。直接肌に塗るファンデーションにも低刺激の商品があります。

このサイトでは敏感肌の人でも使用できるファンデーションを見つけるお手伝いをしています。

配合成分

化粧品
ファンデーションは、メイク用品の中でも肌へ直接塗るものです。そのため、ファンデーションの成分は非常に重要なのです。特に、敏感肌ということであれば、肌荒れの原因となってしまう恐れがあるので注意が必要です。

ファンデーションは、肌を美しく見せてくれる効果があります。
開いた毛穴、シミやニキビ跡、皮脂によるテカリなど全てをカバーする役割があります。肌にコンプレックスを感じている部分をカバーすることが出来ますので、女性の強い味方です。しかし、肌に良くない成分が含まれていることによって敏感肌の肌荒れを悪化させてしまいます。
敏感肌であれば、肌への影響が現れやすいので、慎重に選ぶようにしましょう。

敏感肌の人が使用すると、肌荒れの影響が現れやすいという成分をいくつか紹介します。

・合成香料
石油が原料となっていて、人によってはアレルギー反応が出てしまう恐れがあります。
・合成界面活性剤
水と油分を中和させる成分で、タンパク質を破壊してしまう恐れがあります。肌のタンパク質が破壊されてしまうと、バリア機能が低下し、肌が弱くなってしまいます。
・オキシ塩化ビスマス
この成分は、肌とファンデの密着性を高める役割があります。しかし、アレルギーを起こす可能性もあります。
・合成ポリマー
肌の表面をコーティングする役割がありますが、肌荒れの原因にもなってしまいます。クレンジングでは落ちにくいので、敏感肌の敵です。

スキンケアの関連記事
  • 光り輝くすっぴん美肌
    ルミナスホワイトの評判!くすみやシミを薄くする効果はあるのか口コミをレビューした!
  • つるすべ天使のお肌
    エンジェルホワイトパーフェクトソープの口コミは?気になる効果とは
  • 恋美白スキンソープ
    恋白美スキンソープの口コミを調査してみた!効果はあるの?
  • 【口コミ・評判まとめ】アルバニアホワイトニングクリームで本当にシミは消えるの?
おすすめの記事